私立中・高校部 指導方針

咲塾(私立中・高校部)の指導における3つの柱

生徒さんの自主性を育てる!

やらされる勉強ではなかなか成績は上がりません。生徒さん自らが現状を知り、目標を定め、計画・実行するように促します。
但し、「現状が認識できていない」「目標が低い(高い)」「計画があまい(実行不可能)」など、そのままでは成果が上がりそうにないと判断したときには、じっくり話し合い正しい方向へ導きます。

 

英語と数学を強化することが、将来の夢につながる!

英語と数学に関しては一斉授業を行います。
いずれも学校学年別ではなく、単元別の授業です。
生徒さんの履修状況、定着状況にできるだけ対応できるように、基礎授業は年2回行っていきます。また、応用・演習授業は通年で行います。授業の聞き逃しがないよう、自分に合ったタイミングで自分に合ったレベルの授業を受けてもらいます。

定期テストの成績アップは推薦入試につながる!

今の入試制度だと推薦入試を視野に入れないわけにはいきません。そのためにも定期テストや実力テストの点数アップが必要になります。英語と数学以外の科目についても、可能な限り成績アップのお手伝いを個別に行っていきます。